女性

二重整形なら口コミをチェック【適切なクリニックを選ぶ】

初心者も安心の美容

カウンセリング

埋没法の特徴を把握しよう

二重整形を受ければ二重まぶたになりますが、施術方法は色々あります。最近は簡単に受けられる埋没法が人気で、手術時間も10?20程度で済みます。埋没法のラインは3?5年程度効果が持続するので、アイプチなどよりも格段に持続性が高いと言えます。口コミではメイクが楽になったと評判で、痛みも殆どなかったと証言されています。施術前の麻酔は多少ありますが、施術中に関しては全く痛みを感じることがありません。口コミで人気の埋没法の施術を受けると、多少の腫れが生じますが、普段の生活に支障をきたす心配はありません。内出血も3?4日で収まり、その間もメイクでカバーできます。何よりも、アイプチやアイテープを使う必要もなくなり、メイクの時間を大幅に短縮することができるわけです。一方、切開法の場合は、皮膚のタルミを切除して、スッキリとした印象にすることが出来ます。他の美容整形と組み合わせれば、フェイス美容そのものの可能性が広がります。但し、傷や腫れの問題があるため、施術を受けるには注意が必要です。埋没法は瞼に糸を埋め込んで、ラインを形成するやり方です。目を開ける筋肉と皮膚の裏を糸で結び、目を開けた状態で二重にします。現在、国内の二重整形の8?9割を占めると言われており、人気の高さを表しています。施術時間が短い上に、傷跡が周囲から分かる心配がありません。二重のラインが形成するには4週間ほどかかり、その後も修正が簡単に行なえます。口コミで人気の埋没法は、手軽に受けられるので、美容整形初心者にも適しています。まあ、施術は1日で完了するので、仕事で忙しい女性でも安心です。一方、切開法は二重のラインにそって、3センチほどの切込みを入れます。糸を使って目の筋肉と皮膚を結ぶのは同じですが、切開している分、二重の持続性が高くなります。国内では、二重整形の1割が切開法だと言われています。切開法の所要時間は1?2時間ほどで、術後の腫れは2週間ほど続きます。二重ラインが完成するのは3ヶ月後くらいで、その間は適切な瞼のケアが必要になります。目の周りのタルミなども同時に除去できるので、比較的に年配の女性に人気の施術です。中には眼瞼下垂手術を受けた口コミもあり、トータルで目の周囲の美容が図られているわけです。切開法は、埋没法のように取れる心配がありません。傷跡は次第に無くなるので、取れない二重を希望する女性におすすめです。また、タルミ除去も同時に行え、目を大きく見せたい人に適しています。その他、目の周りの腫れぼったさを解消したい人にも、対応した整形法となっています。切開法は高い施術スキルを要するので、ネットなどで実績のあるクリニックを選ぶことが大事です。